針灸診療

HOME > 針灸診療

鍼灸診療とは?

鍼灸診療とは?

わかば動物病院では、開業当初より西洋獣医学を主体とした治療に加え補助療法として鍼灸治療をおこなっています。
人と同じように犬や猫にもいわゆるツボがあります。
そのツボに、鍼を刺し、さらに電気を通します。
どうしても鍼灸治療が難しい犬や猫には、レーザーでツボに刺激(レーザー鍼)を与える治療も行なっています。
さらに、温灸で、体を温めていきます。

どのような動物達に鍼灸診療をしていますか?

どのような動物達に鍼灸診療をしていますか?

わかば動物病院での主な対象疾患は、椎間板疾患、四肢の麻痺、変形性関節炎などの関節骨格筋の疾患、神経麻痺、てんかんなどの神経疾患、猫の巨大結腸症や便秘です。
また鍼灸治療は、免疫力を高めると言われていることから老齢動物に対しても効果が期待できます。

鍼灸治療をご希望の方へ

鍼灸治療をご希望の方へ

鍼灸治療は、一般診療以外の時間(昼休みの時間帯)に行なっておりますので、完全予約制となっております。
初診の方で鍼灸治療をご希望の方は、初回は一般診療時間に診察を受けて頂き、鍼灸治療の予約を取っていただきます。
お電話でご相談・ご予約ください。